宇宙ビジネス、構想が現実に
WAVE)A・T・カーニープリンシパル 石田 真康氏

コラム(ビジネス)
2019/12/16 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年も年末に差し掛かった12月6日、日本の宇宙ベンチャー企業ALEの2号機となる人工衛星がニュージーランドのマヒア半島から打ち上げられ、軌道投入に成功した。今後、同社は数カ月にわたって運用試験を実施。その後、同衛星に搭載されたホワイト、グリーン、ピンク、オレンジ、ブルーの5色400粒の流星源を用いて、20年に世界初人工流れ星の実現をめざす予定だ。

これまで壮大なビジョンに注目が集まってきた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]