台風19号が検索上昇1位 グーグルのランキング

2019/12/12 9:35
保存
共有
印刷
その他

グーグルは12日までに2019年に日本国内での検索数が昨年に比べ急上昇したキーワードのランキングを発表した。1位は記録的な大雨により甚大な被害をもたらした「台風19号」、2位は新元号の「令和」だった。

日本中が熱狂した「ラグビー・ワールドカップ」(3位)、56年ぶりの日本開催を現地観戦するための東京五輪の「オリンピックチケット」(6位)と、スポーツイベント関連が上位にランクインした。

世間の注目を集めた出来事では、放火殺人事件が発生した「京都アニメーション」(7位)や、闇営業問題に揺れた「吉本興業」(9位)が入った。このほか「あなたの番です」(4位)、「ドラクエウォーク」(5位)、「鬼滅の刃」(8位)、「G20」(10位)だった。

都道府県名と一緒に検索されたワードの1位は気象災害関連が多く、11県で「台風」。千葉は「停電」、山形と新潟は「地震」だった。埼玉県は舞台となった映画「翔んで埼玉」、沖縄県は火災で正殿などが焼失した「首里城」など地域色も浮かんだ。

都道府県別を除いたランキングの詳細は、グーグルの特設サイト上で公表されている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]