ブラジル中銀が利下げ 過去最低4.5%に 通貨安懸念も

2019/12/12 8:01
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジル中央銀行は11日、政策金利を0.5%引き下げ、過去最低の年4.5%にすると発表した。利下げは4会合連続。同国のボルソナロ大統領は景気刺激や借り入れコスト引き下げのための利下げを公然と要求しており、中銀の判断に影響した可能性もある。通貨レアルが過去最安値圏にある中、中銀は為替介入を実施しているが、一段の通貨安を招く懸念もある。

中銀は全会一致で利下げを決めた。声明で…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]