国連、イラン関与「確認できず」 サウジ石油施設攻撃

イラン緊迫
2019/12/12 6:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】国連のグテレス事務総長が、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの施設攻撃にイランが関与したことを「確実に証明できない」との調査結果を安全保障理事会に伝えたことが分かった。日本経済新聞が入手した安保理宛ての報告書で明らかになった。施設の攻撃を巡っては、サウジと米国などはイランが関わったと主張している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]