スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

五輪単代表、石川か平野か 卓球グランドファイナル

Tokyo2020
2019/12/11 22:39
保存
共有
印刷
その他

【鄭州(中国)=鱸正人】卓球のワールドツアー成績上位者が出場するグランドファイナルが12日、中国・鄭州で開幕する。東京五輪シングルスの日本代表争いの最終戦で、男女とも残るは1枠。激戦の女子は直前に石川佳純(全農)が平野美宇(日本生命)を逆転し、1勝分のアドバンテージをもって大一番に挑む。石川が3大会連続出場を決めるか、平野が再逆転で初出場をつかむか。12日夜の互いの初戦がいきなり山場になる。

調整する石川=共同

調整する石川=共同

今年1月に始まり、最後までもつれた選考レース。今大会で2人が勝ち抜くための条件は明瞭だ。シングルスの成績で、石川が平野を上回るか同じなら石川で、平野が再逆転するには石川より1試合多く勝ち上がる必要がある。組み合わせ抽選の結果、石川は今年の世界選手権覇者の劉詩●(あめかんむりに文)(中国)、平野が世界ランキング18位の王芸迪(同)との対戦が決まった。

石川は劉に対して過去11戦全敗。厳しいドローとなったが、表情は暗くない。持ち味の正確なラリーに加え、ここに来て要所でのドライブの精度が向上。直前のカナダでの国際大会決勝では平野を下しており、11日夜の会場練習後には「勝ち切れて自信になった。(劉は)本当に強い相手なので力を全て出したい」と話した。初戦で難敵を倒し、自力で五輪切符を引き寄せたいところだ。

試合会場で調整する平野=共同

試合会場で調整する平野=共同

平野の世界ランクは11位。王は格下とはいえ、10月の国際大会では完敗した。最近は重圧から本来の力を出せない試合もあるが、11日の練習後「カナダで負けたので思い切ってできる。(組み合わせを見て)チャンスがなくはないと思う」と自らに言い聞かせるように話した。

男子は2番手を争う丹羽孝希(スヴェンソン)と水谷隼(木下グループ)のうち、追う立場の水谷のみが出場。水谷が丹羽を逆転するには2勝しての4強入りが必要で、13日の初戦で世界6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)と対戦する。

シングルスでの五輪出場が確実な張本智和(木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)も13日にシングルスの初戦を迎える。五輪でも対戦が濃厚の世界のトップ選手を相手に張本は大会2連覇、伊藤は初優勝を目指す。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
大阪国際女子マラソンで1位でゴールした松田

 “制限時間”というもう一つの敵にも勝ち、五輪代表入りへ前進した松田は満面の笑みで「嘘みたいです」。4位に敗れた昨年9月のMGCから一転、持ち前の走りと明るさが戻った。
【関連記事】松田V、五輪代表に前 …続き (1/26)

インタビューに答えるJOCの山下会長

 24日で東京五輪開幕まで半年。各競技で徐々に代表が決定し、選手にとっても本番への準備が本格化してくる。昨年6月、日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任した山下泰裕氏はどのように自国開催の五輪を成 …続き (1/24)

 24日で東京五輪の開幕まで半年となった。各競技で代表に内定する選手が少しずつ出る中、多くの競技で春までに選考レースが佳境を迎える。自国開催の晴れ舞台を目指し、有力選手たちがラストスパートをかける。
…続き (1/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]