/

この記事は会員限定です

インドの物流高度化、日通など世界大手が支える

小売り大手系に出資 独DHLは拠点増

[有料会員限定]

【ムンバイ=宮嶋梓帆、東京=吉田啓悟】世界の物流大手がインドで新たな輸送需要の開拓を競っている。日本通運は現地小売り大手の子会社の株式を2割超取得し、消費者向け物流に乗り出す。独ドイツポスト傘下のDHLはネット通販の普及に対応し、配送拠点を大幅に増やす。経済成長が続くインドでは世界の小売りチェーンの進出が相次ぐなど消費行動が変わりつつある。物流の高度化が必須で、技術力のある海外勢が支える構図にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン