北陸3県の主要5信金、4信金で実質業務純益増
経費削減で利ざや縮小補う

地域金融
2019/12/12 4:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸3県の主要5信用金庫(貸出金残高1500億円以上)の2019年4~9月期決算は、本業のもうけを示す実質業務純益が4信金で前年同期を上回った。けん引役となったのは経費削減や顧客の業績改善などで計上した貸倒引当金の戻り入れ益だ。利ざやの縮小傾向には歯止めがかからず、各信金は依然として厳しい経営環境にさらされている。

富山信用金庫(富山市)は実質業務純益が前年同期比33%増の2億9100万円、純利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]