医師技術料、上積み巡り最終攻防 20年度診療報酬改定

2019/12/11 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年度予算編成で焦点になっている診療報酬の改定で、医師らの技術料にあたる「本体部分」の引き上げ幅をめぐる攻防が大詰めを迎えている。薬剤費などにかかる歳出を抑制し、本体部分の引き上げ原資として医療費の0.3%分は確保。さらに上積みをめざす厚生労働省と、伸びを抑えたい財務省が激しく綱引きしている。近く固まる見通しだ。

診療報酬は医療従事者の技術料や人件費にあたる「本体部分」と、薬剤費などにあた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]