カシミール対立、印パ経済に影 医薬品や綿の供給止まる

アジアBiz
2019/12/11 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方の対立が両国の経済に影を落とし始めた。パキスタンはインドから医薬品や綿の供給が止まって混乱し、インドも経済活動の損失が14億ドル(約1500億円)以上と試算する。両国は政治的に歩み寄るのは難しいが、ビジネス面での関係改善を望む声は少なくない。

「インドが支配するカシミールの外出禁止令は現在126日」。パキスタンの首都イスラマバードではインドが8月5日…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]