/

この記事は会員限定です

関電、経営の監視強化へ監査委設置会社検討

金品問題受け

[有料会員限定]

関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題を受け、同社はガバナンス(企業統治)を強化する。社外取締役を中心にした委員会が経営を監督する「監査等委員会設置会社」に移行する検討に入った。関電は金品問題を巡り、隠蔽体質が背景にあるなどと批判されており、第三者が経営を監視する組織にし、経営の透明性を高めたい考えだ。

日本には企業統治の観点で3つの会社形態がある。現在の関電も含め、一般...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン