タタ、AIやデータ分析に集中投資 米国勢を猛追
5年間で9200億円、人材育成やデータセンター増設

アジアBiz
2019/12/11 19:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドのIT(情報技術)サービス最大手、タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は人工知能(AI)やデータ分析などへの投資を加速する。2023年度までの投資額を約85億ドル(約9200億円)と直近5年間に比べ6割増やす。新サービス開発や人材育成などを急ぐ。ラジェシュ・ゴピナタン最高経営責任者(CEO)兼社長が明らかにした。先行する米国勢を猛追する。

ITサービス会社は情報システムの構築を通じ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]