/

この記事は会員限定です

化研、インドネシア原子力庁に技術供与 臓器診断薬製造で

[有料会員限定]

先進化学技術開発を手掛ける化研(水戸市)はインドネシア原子力庁(BATAN)に技術供与する。がんをはじめ臓器診断薬に使われる放射性テクネチウムについて、化研が独自開発した製造法を移転し、インドネシアでの診断薬国産化を後押しする。製造コストの抑制や高品質化が図れるといい、将来はアフリカや東南アジアといった医療途上国にも技術の普及を目指していく考え。

放射性テクネチウムは注射や吸引などで体内に取り込み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン