/

ファンケル創業者の池森氏、年末に会長退任

キリンHDと提携 一線を退く

ファンケルの池森賢二会長

化粧品や健康食品製造のファンケルは11日、創業者で代表権を持つ池森賢二会長(82)が12月31日付で退任し、2020年1月1日付で名誉相談役になると発表した。ファンケルは9月に池森氏と親族、資産管理会社が持つ33%の株式をキリンホールディングス(HD)に1293億円で譲渡し、同社の持ち分法適用会社になった。経営再建にもメドをつけたことから一線を退く。

ファンケルの会長職は空席となる。池森氏は今後、スタートアップ企業やひとり親家庭の子どもの支援に取り組む。

1980年に池森氏が個人で創業し、81年に設立したファンケルは化粧品に続き、94年から健康食品の展開を始めた。一代で年間売上高1千億円規模の企業に成長させた。2003年に66歳で社長を退任したが、業績の悪化に伴い、13年に代表権を持つ会長に復帰した。訪日客需要も追い風に業績は急回復した。

キリンHDとの資本業務提携を発表した8月の記者会見では、自身の高齢も理由に挙げ「元気なうちに最良な道筋をつけることが私の役割だ」と話していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン