/

京都市などがこども宅食プロジェクト

京都市や地元の社会福祉法人などが協力してプロジェクトを実施する

京都市は11日、あだち福祉会(京都市)、こども宅食応援団(佐賀市)と3者協定を結び、支援を必要とする子育て世帯に食品などを届ける「京都こども宅食プロジェクト」を始めると発表した。2019年度内にも市内5学区でモデル的に実施し、効果を検証する。

小学校のネットワークを通じて事業を周知し、生活保護受給世帯や就学援助受給世帯などに、2カ月に一回程度の割合で、コメやレトルト食品、菓子などを届ける。食品を提供するだけでなく、配送の際に声かけをしたり、困り事の相談に乗ったりすることで、子ども食堂や学習支援など他の支援事業につなげる狙いもある。

東京都文京区などで実践されているが、政令指定都市レベルでは京都市が初めてという。今回、中心的な役割を担うあだち福祉会の畑山博理事長は「今、京都に必要なのは子どもたちへの投資だ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン