2/21 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円下落、10カ月ぶり112円台 景気減速、新型肺炎懸念で[有料会員限定]
  2. 2位: NYダウ反落で始まる 新型肺炎収束の兆し見えず警戒感
  3. 3位: 円、112円台に下落 NY市場で10カ月ぶり安値
  4. 4位: 大韓航空「お家騒動」泥沼化 ナッツ姫が弟に退陣要求[有料会員限定]
  5. 5位: 前田道路、資産削減の奇策 配当6倍で前田建設TOB対抗[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,479.15 +78.45
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,510 +140

[PR]

スクランブル

フォローする

「3つの期待」に迫る期限 日本株限界説には伏兵も
編集委員 川崎健

川崎 健
編集委員
2019/12/11 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年のマーケットはまさに「不況下の株高」を地で行く展開だった。株価は景気や企業業績の先行きを映す鏡。足元の景況感の悪化よりも、来年に向けた「3つの期待」が株価を押し上げてきた。それだけに来年は前倒しで織り込んだ景気改善期待の反動が気になるところだが、日本株がまだほとんど織り込んでいない材料がある。大型補正の発動だ。

「私には、株価はすでに来年の景気や業績の回復を織り込んでしまったようにみえますね…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム