東北6県19年産のコメ作柄「やや良」

東北
2019/12/11 17:27
保存
共有
印刷
その他

東北農政局が発表した東北6県の2019年産水稲の作柄は3年ぶりに「やや良」となった。水稲の10アール当たりの収量は586キログラムで、18年産に比べて22キログラム増加した。台風19号の被害により、確定値の発表を1カ月程度延期していた。

作柄は10アールあたりの収穫量を平年と比較した指標。青森では登熟期間で日照不足が平年を下回ることがほとんどなく、全地域で「良」となった。1アール当たりの収量は18年から31キログラム増え627キログラムだった。青森を除く5県は「やや良」だった。

福島の浜通りの地域では台風19号の後の豪雨被害で作柄が前回の概況(10月15日現在)から1ポイント下がり「やや良」から「平年並み」となった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]