/

この記事は会員限定です

格差の進展と中流意識(5) 社会を見つめるさめた目

東北学院大学教授 神林博史

[有料会員限定]

現在から見ると、1970年代から80年代は中流意識、総中流の時代です。しかし全ての人が総中流を素朴に信じていたわけではありません。中流意識や総中流を幻想だとする批判は、当時から繰り返し行われていたからです。

当時の中流批判は3つのタイプに分類できます。1つは学術的な見地からの批判です。第3回で解説した「中」回答と回答者の社会経済的地位の対応の問題がそれにあたります。2つめは「日本はまだ総中流社会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン