/

井出庸生衆院議員が自民に入党意向

無所属の井出庸生衆院議員(長野3区)が自民党入りの意向を同党幹部に伝えていたことが11日わかった。井出氏が10日、同党の下村博文選挙対策委員長らを訪ね、入党の希望を伝えた。井出氏は日本経済新聞の取材に「長く考えてきた上で結論を出した」と述べた。

井出氏はNHK記者を経て2012年の衆院選に旧みんなの党から初当選し、当選3回。野党再編を経て旧希望の党に所属していたが、18年5月の国民民主党の結成に加わらず無所属になった。今年9月に立憲民主党や国民民主などが結成した野党共同会派にも参加していなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン