/

この記事は会員限定です

M&A実務、AI活用広がる マッチングなど効率的に

[有料会員限定]

M&A(合併・買収)の実務で、人工知能(AI)などIT(情報技術)システムの利用が広がってきた。多くの企業の中から買収先として最適な候補を見つけ出すマッチングや、財務内容のデューデリジェンス(資産査定)の効率化につなげる狙いだ。超低金利下で過去最高ペースのM&Aを、さらに加速させる可能性がある。

M&Aコンサルティング会社、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス(東京・千代田)は、グロー

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません