/

首相「吉田博美氏、当代随一の仕事師」 お別れの会で弔辞

10月26日に死去した自民党の吉田博美前参院幹事長のお別れの会が11日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれた。実行委員長の安倍晋三首相(党総裁)は弔辞で「困難な仕事ほどすすんで引き受け、功績を決して披瀝(ひれき)せず、むしろ部下の手柄としてたたえた。当代随一の仕事師だった」と語った。

吉田氏は第2次安倍政権発足後、参院自民党の国会対策委員長、幹事長を歴任した。脳腫瘍が見つかったと公表し、7月の参院選に出馬せず政界を引退した。首相が信頼を寄せ、引退後も総裁特別補佐に起用した。首相は「何度も耳の痛いことを言ってくれた。私は手のかかる後輩だった」と振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン