/

この記事は会員限定です

巨大な屋根膜、フッ素 むらなく加工 中興化成

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

JR博多駅前(福岡市)の広場を覆う大きな白い屋根。太陽の光を通しながら、紫外線や雨風から通行人を守る。軽くて丈夫で巨大な屋根膜材を国内で唯一生産できるのが、化学中堅の中興化成工業(東京・港)の松浦工場(長崎県松浦市)だ。東京ドーム(東京・文京)やラグビーのワールドカップ(W杯)が開催された競技場でも採用が広がる。

ガーッと、機械が音を立ててガラス繊維でできた特殊な布を、フッ素樹脂の液体に次々と流し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン