/

首里城復元の基本方針 資材調達支援 防火対策も強化へ

政府は11日、首相官邸で首里城復元のための関係閣僚会議を開いた。10月31日に正殿などが焼失した首里城(那覇市)の復元に向けて基本方針を示した。1925年に国宝指定された際の正殿に復元すると確認した。沖縄独特の赤瓦を製造して伝統技術を生かす。

火災で正殿などが焼失した首里城

今回の火災ではスプリンクラーが設置されていなかった問題が指摘されている。基本方針には防火対策を強化すると記した。首里城跡は世界遺産に登録されている。復元の過程で登録に影響が及ばないよう、国連教育科学文化機関(ユネスコ)と「緊密に連携する」とも明記した。

復元に向けた工程表を2019年度中につくる目標も示した。地元の要望を踏まえ、復元中の観光振興や作業過程の公開などに「責任を持って取り組む」と強調した。

菅義偉官房長官は同会議で「沖縄県や地元の関係者、有識者と共に、国営公園事業である首里城の復元に向けて責任を持って取り組む」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン