/

北海道の日本画 清新なイメージ

北海道立三岸好太郎美術館副館長 土岐美由紀

北海道の風土は独特の日本画の美を生み出しました。画家のまなざしがひらく「北海道の日本画」の清新なイメージについて、北海道立三岸好太郎美術館副館長の土岐美由紀氏が解説します。

北海道の日本画(1) 北上聖牛「はなれ国の初夏」

北海道の日本画(2) 本間莞彩「黄昏」

北海道の日本画(3) 横山操「夕張炭鉱」

北海道の日本画(4) 岩橋英遠「憂北の人」

北海道の日本画(5) 片岡球子「羊蹄山の秋色」

北海道の日本画(6) 東山魁夷「山湖遥か」

北海道の日本画(7) 後藤純男「幽境妙音」

北海道の日本画(8) 曲子光男「初雪」

北海道の日本画(9) 福井爽人「北の岬」

北海道の日本画(10) 羽生輝「北の浜辺」

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン