「男に頼らず生きる」強い意思 北上次郎氏が選ぶ3冊
里奈の物語 鈴木大介著

読書
2019/12/12 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

60歳を過ぎた志緒里が中学生の里奈に次のように言う場面がある。「言ったように、男には怖いやつがいる。そしてどんなに鍛えても、女は男に力じゃ勝てねえ。けどな、最後の最後に強いのはな。女なんだ」

それが終始、里奈を無私の愛で助ける志緒里の哲学だ。もう一つ、印象深いシーンがある。15歳の里奈が家出したとき、「このカッコじゃソッコ補導じゃね? てことだから、あたしに靴売ってよ」と金髪少女に声をかけると「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]