/

この記事は会員限定です

「安いニッポン」脱せるのか 識者に聞く

[有料会員限定]

日本のモノやサービスの価格の安さが際立っている。かつて「世界一高い」と言われた日本の姿は今は昔。インバウンド(訪日外国人)の増加など良いことばかりではなく、人材の買い負けなどリスクもはらむ。日本はこのまま少しずつ貧しくなってしまうのか。識者に聞いた。(聞き手は中藤玲)

賃金停滞が物価低迷の悪循環招く

 永浜利広・第一生命経済研究所の首席エコノミスト

日本は長いデフレで企業が価格転嫁するメカニズムが破...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン