データを領収書がわりに キャッシュレス経費精算

税・予算
2019/12/12 16:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子マネーやクレジットカードなどキャッシュレス決済による経費精算は、一定の条件を満たせば決済データを領収書がわりに保存できるようになる。利用者側がデータを改変できないようなクラウドサービスで保存することが条件だ。税務申告に備え、紙の領収書を保存しなくて済む。大量の紙を保管するのに必要だったスペースや、経理の事務作業を減らすことができそうだ。

税制改正大綱に電子帳簿保存法のルールを見直す方針が盛り込まれた。20年春までに具体的な内容を固め秋から施行する見込みだ。

今回の改正では領収書の内容をデータとして発行し、印刷せずにデータのままで保存することを認める。紙の領収書をカメラでデータ化する作業とは異なり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]