/

この記事は会員限定です

データを領収書がわりに キャッシュレス経費精算

[有料会員限定]

電子マネーやクレジットカードなどキャッシュレス決済による経費精算は、一定の条件を満たせば決済データを領収書がわりに保存できるようになる。利用者側がデータを改変できないようなクラウドサービスで保存することが条件だ。税務申告に備え、紙の領収書を保存しなくて済む。大量の紙を保管するのに必要だったスペースや、経理の事務作業を減らすことができそうだ。

税制改正大綱に電子帳簿保存法のルールを見直す方針が盛り込まれた。20年春までに具体的な内容を固め秋から施行する見込みだ。

今回の改正では領収書の内容をデータとして発行し、印刷せずにデータのままで保存することを認める。紙の領収書をカメラでデータ化する作業とは異なり、

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン