/

この記事は会員限定です

連結納税制度 単体申告に、優遇枠は共有

[有料会員限定]

企業グループを一体とみなして法人税を計算する連結納税制度は、2002年度の税制改正で創設されて以来初めてとなる抜本的な見直しをする。名称を「グループ通算制度」にして、現在は親会社が全体を取りまとめて申告・納税しているところを、グループ会社各社でそれぞれ単体で申告・納税するように改める。

連結納税制度を導入する企業は、親会社と子会社の間で黒字と赤字を相殺し、グループ全体としての税負担を軽減できるメリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン