変革迫られる福岡の盟主「七社会」企業 旗手たち奮闘

2019/12/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡には地元経済界をけん引してきた大手7社がある。親睦を目的とした集まりに端を発し、通称「七社会」とも呼ばれる。だが、地方の人口減少や自由化などで厳しい状況に立たされている。福岡はスタートアップ創出・育成の機運が高まるものの、ある中小企業幹部は「七社会に元気がなければ地元が盛り上がらない」と漏らす。地元の盟主は変革を実現し、九州経済をもり立てることができるのか。奮闘する旗手たちを追った。

九州電

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]