ノーベル賞晩さん会 特別メニュー、環境配慮も

2019/12/11 12:37
保存
共有
印刷
その他

 ノーベル賞授賞式後の晩さん会に出席した吉野彰・旭化成名誉フェロー(手前から6人目)と妻、久美子さん(同5人目)=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

ノーベル賞授賞式後の晩さん会に出席した吉野彰・旭化成名誉フェロー(手前から6人目)と妻、久美子さん(同5人目)=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

【ストックホルム=共同】

 ノーベル賞の晩さん会のメイン=10日、ストックホルム(共同)

ノーベル賞の晩さん会のメイン=10日、ストックホルム(共同)

ノーベル賞の授賞式を終えた受賞者たちが舌鼓を打った10日の晩さん会メニューのメインは、キノコとハーブを詰めたカモ肉。スウェーデン産にこだわり、一つ一つの食材が秘める魅力を全て引き出すことにシェフが尽力した逸品だ。

環境に配慮、食品ロスがないよう材料を使い切るのもシェフのポリシー。

 ノーベル賞の晩さん会の前菜=10日、ストックホルム(共同)

ノーベル賞の晩さん会の前菜=10日、ストックホルム(共同)

前菜は、オレンジ色のスウェーデンキャビア、キュウリの緑と白の3色が鮮やかな一皿で、ソースにはホースラディッシュ(西洋ワサビ)も使われている。

カモ肉にはカラメルガーリック風味のポテトに、薫製シイタケも添えられた。乾杯のシャンパンや各種ワインも、料理の味わいを引き立てた。

 ノーベル賞の晩さん会のデザート=10日、ストックホルム(共同)

ノーベル賞の晩さん会のデザート=10日、ストックホルム(共同)

約4時間続く晩さんを締めくくるデザートは、ラズベリーシャーベットやドライチョコレートムース。コーヒーや名物のノーベル博物館のオリジナルブレンド紅茶も提供された。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]