キリンHD、宇宙に近い環境で植物増殖 月面農場目指す

2019/12/11 12:25
保存
共有
印刷
その他

キリンホールディングス(HD)はこのほど、宇宙空間に近い環境で植物の増殖に成功したと発表した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)、竹中工務店、千葉大学、東京理科大学との産学連携で共同研究を推進。キリンHDの独自の培養技術を活用し、宇宙を想定した低圧の環境で植物を増殖できるかどうかを確認した。宇宙空間で食料を安定供給できる「月面農場」の実現を目指す。

袋培養のイメージ。小型の袋のなかで効率的に植物を生産できる

実験はレタス、ジャガイモの種イモ、ダイズ苗を対象に千葉大学で実施した。増殖した植物の栄養成分を検証すると、地球上の大気圧下と同じような生育を確認できたという。実験はJAXAを中心として産学連携で研究を進める「宇宙探査イノベーションハブ」構想の一環で実施した。宇宙での長期滞在を見据え、月面農場の実現を目指す。

キリンHDの基盤技術研究所が植物の増殖に使用する「袋型培養槽」を提供し、竹中工務店が月面での施設建設の検討を担当。千葉大学が月面下のような低圧環境を再現できる培養装置を提供し、東京理科大学が増殖した植物を解析した。

キリンHDが開発した「袋型培養槽」は小さい袋型の培養槽で植物を効率的に育てる生産技術。袋内部で水を循環させることで土壌栽培よりも水の使用量を抑えられる。袋内部にはウイルスと病原体がなく、病害虫発生のリスクを抑えられる。

今後、植物生産技術を含め月面農場の研究をJAXAや米航空宇宙局(NASA)などの宇宙機関に提案する計画だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]