一枚岩になれぬリフレ派

日銀ウオッチ
コラム(経済・金融)
2019/12/12 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀内で積極的な金融緩和による2%の物価安定目標の達成を訴えてきた「リフレ派」の存在感が薄れている。世界経済の先行き懸念が強まっていた9~10月の金融政策決定会合では、追加緩和論が勢いづきそうな場面もあったが、そうした主張は広がりを欠いた。金融政策の余地が乏しくなるなか、どこまで緩和強化を唱え続けるべきかという迷いも浮かぶ。

「リフレ派の原田さんがそう言っているなら、現状維持が多数派なんだろう」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]