仏年金反対デモ、参加者半減 政府が譲歩検討の報道

2019/12/11 5:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】10日、年金改革に反対するデモがフランス全土で発生し、仏内務省によると、参加者は前回の半分以下の33万9千人だった。政府が譲歩する可能性が報じられ、参加を見送る人が出た可能性がある。ただ仏国鉄(SNCF)などのストは続き、市民の生活に大きな影響が出ている。仏政府は11日に改革法案の詳細を国民向けに説明し、運動の収束を狙う。

年金改革に反対するデモの参加者は1回目の5日が80万6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]