NYダウ続落で始まる 重要イベント控え買い手控え

2019/12/11 0:45
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】10日の米株式相場は続落して始まった。午前10時現在、ダウ工業株30種平均は前日比44ドル36セント安の2万7865ドル24セントで推移している。下げ幅は一時100ドルを超えた。今週は英総選挙や米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントが相次ぐ。内容を見極めたいとして買いが手控えられる中、一部投資家の利益確定売りが先行している。

ニューヨーク証券取引所=AP

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が10日、米政権が15日に予定している対中制裁関税「第4弾」の全面発動を見送る計画をしていると報じた。米中の当局者が明らかにした。もっとも、米政権は貿易協議の「第1段階」合意の条件として、中国に農産物の大量輸入の確約を求めた一方、中国は輸入拡大は発動済みの対中追加関税の撤廃次第との見方を示し、双方は押し問答を続けているという。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]