北極圏油田で三菱商事などに出資打診 ロシア資源大手

2019/12/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシアのエネルギー大手ロスネフチが、北極圏の油田開発で三菱商事など複数の日本企業に出資を打診することが分かった。開発費が17兆円規模に達すると想定される大型案件で、2030年に日量200万バレルの生産を目指す。実現すれば中東に原油を依存する日本にとって調達先の分散につながる。政治リスクや収益性などを見極めたうえで、実際の参画を検討する。

近く来日するロスネフチのイーゴリ・セチン最高経営責任者(C…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]