MaaS、使いやすさカギ ワーケーションとの相性探る
静岡CASE発進―開国の街を拓く(下)

中部
2019/12/10 19:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県下田市で始まった自動運転と次世代移動サービス「MaaS(マース)」の実験。今はエリア内で並走するだけの自動走行車両と人工知能(AI)によるオンデマンド交通をどう融合させるかが課題だが、そうした新サービスが住民や観光客に本格的に受け入れてもらえるかどうかもハードルが高い。普及に向けて事業者の試行錯誤が続く。

「若い人のようには使えないよ」。実験開始前の11月末、静岡県や東急が開いた住民説明会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]