きびだんごの広栄堂、本店にカフェとラボ 情報発信強化

2019/12/11 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山県の名物のきびだんごで知られる1856年創業の老舗和菓子メーカー、広栄堂(岡山市)は商品開発の機能を強化する。創業の地にある岡山市中心部の本店を21日に改装開業し、消費者ら外部の声を商品に生かすオープンイノベーションラボ機能やカフェを設ける。和菓子を含む地域の食全体の情報発信基地として位置付け、ブランド力の向上につなげる。

岡山駅前から岡山電気軌道の路面電車で10分、中納言電停の向かいにある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]