大阪駅西側で再開発続々 新駅ビル計画が浮上

2019/12/10 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR大阪駅の西側に新しい駅ビルの建設計画があることが大阪市の資料で分かった。梅田貨物駅跡を活用した大型再開発「うめきた2期」とともに、阪急電鉄や阪神電気鉄道の駅に近い東側に比べて遅れていた西側の開発が進みそうだ。うめきたの地下には新駅もでき、新たな人の流れが生まれる。関西最大のまちが急速に姿を変えつつある。

計画は市が11日に開く都市計画審議会で議論する。資料などによると、建設予定地は既存の駅ビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]