台湾与党、議会選過半数割れに危機感
総統・立法委員選まで1カ月

2019/12/10 19:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作】1カ月後に迫る台湾の総統選を巡り、同日実施の立法委員(国会議員)選挙が焦点に浮上している。総統選びでは対中強硬路線の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が優位に立つが、立法委員選では蔡氏の与党が苦戦。現有の過半数を割り込み、政権と議会の「ねじれ」に直面する可能性がある。鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者の郭台銘(テリー・ゴウ)氏らによる第三極を築く動きも行方を左右しそうだ。

「改革を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]