/

トヨタ系の新会社名決定、次世代車載半導体を研究へ

トヨタ自動車デンソーは10日、2020年4月に設立する共同出資会社の社名を「ミライズ・テクノロジーズ」とすると発表した。電動化や自動運転など次世代車の技術を担う車載半導体の研究開発を進める。

出資比率はデンソーが51%、トヨタが49%。社長にはデンソーの経営役員の加藤良文氏が就任する。両社から計約500人が移る見通しだ。新会社は愛知県日進市のデンソー先端技術研究所内に設立する。

新会社が担うのは次世代の車載半導体だ。電動車向けに加え、自動運転関連でも主に内製を見据えた開発を進めていく。車のデータ通信や演算処理を担う「SoC(システム・オン・チップ)」も対象となる。

自動運転や電動化といった「CASE」の進展で車の電子制御化は加速している。これに合わせて半導体の搭載量は増えており、各社にとって投資負担の効率化が課題になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン