/

和歌山IR、20年春までに事業者公募 秋ごろに決定

和歌山県は10日、誘致を目指している統合型リゾート(IR)について、国の基本方針が2020年1月に決定されれば、20年春までに事業者の公募を始め、秋ごろに事業者を決める方針を示した。県は和歌山市の人工島「和歌山マリーナシティ」へのIR誘致を表明しており、24年度の開業を計画している。

10日の県議会で明らかにした。国は9月、IR事業者の選定基準を定めた基本方針案を公表しており、年明けにも決定する。県は国の方針決定後、すみやかに県の実施方針案を策定し「春ごろまでに実施方針を公表したい」としている。

県は18年、IR基本構想を公表。白浜や高野山など県内にある観光資源を生かした「リゾート型IR」の計画を打ち出している。県は既に基本構想を策定していることから、実施方針案も早期に策定できるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン