リッポー、デジタル事業後退 不動産や医療に集中
決済など新興企業に託す インドネシア財閥 借金重く

アジアBiz
2019/12/10 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアの大手財閥リッポー・グループが多角化路線から中核事業の不動産と医療に経営資源を集中する方針に転換する。力を入れてきた電子マネーなどデジタル関連は非中核事業と位置づけて、提携する新興のネット企業に主導権を委ね、小売部門などは売却も視野に入れる。巨大プロジェクトを抱える不動産部門では借金がかさんでおり、広げすぎた事業分野を絞り込む。

中核企業リッポー・カラワチの最高経営責任者(CEO)で…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]