麻生氏、改憲なら首相は「総裁4選覚悟を」 月刊誌で

2019/12/10 17:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

麻生太郎副総理・財務相は10日発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで、安倍晋三首相(自民党総裁)について「本気で憲法改正をやるなら、総裁4選も辞さない覚悟が求められる」と強調した。2021年9月末までの総裁任期中に国会で発議し、国民投票まで実施するのは「政治日程上、非常に厳しい」という点を理由に挙げた。

改憲に関し「国政選挙に6連勝した安倍政権がやらなかったら、いつやるのか」と述べた。「(首相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]