/

長野のつばさ公益社、葬儀業者使わない「自葬」セット

葬祭業ベンチャーのつばさ公益社(長野県佐久市)は12日、葬儀事業者を使わず家族などの手で「自葬」する「DIY葬プラン」を発売する。木棺と骨つぼ、火葬の手続きなど自葬に必要な準備の手引書が入ったセット商品で、アマゾンや自社の通販サイトを通じて販売する。価格は2万5800円(税別)で、葬儀費用を抑えたい人などの利用を見込む。

折り畳み式の木棺には、付属品として布団やまくらもついてくる。火葬場や遺体の保存にかかる費用は別途必要になるものの、DIY葬プランを購入すれば葬儀全体にかかる費用を数万円以内に抑えることが可能になるという。

葬儀の方法が多様化していることから、需要が見込めると判断した。引き取り手のない遺体を埋葬する自治体などからの購入も見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン