立民・福山氏「通常国会へ徹底準備」 主要野党が街頭演説

2019/12/10 18:00
保存
共有
印刷
その他

野党の「桜を見る会」に関する追及本部メンバーは10日、都内で街頭演説した。臨時国会の閉幕後も安倍晋三首相らの追及を続ける姿勢を示す狙いだ。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「来年の通常国会に向けて徹底的に準備したい」と語った。共産党の小池晃書記局長は臨時国会について「徹頭徹尾、首相隠し国会だった」と批判した。

街頭演説する立民の福山幹事長(10日、JR有楽町駅前)

福山、小池両氏のほか国民民主党の奥野総一郎氏、社民党の福島瑞穂副党首らが参加した。

立民など野党は10日、桜を見る会に関する8項目の質問事項を内閣府に渡した。招待状に記載している「60」が首相枠を意味するかを当時の担当者に確認するよう求めた。内閣府は来週にも開く衆院内閣委員会理事会で回答する見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]