1/24 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 5四半期ぶり営業増益 日本電産、構造改革が下支え[有料会員限定]
  2. 2位: 高株価でも売れない 成長株にバブルの懸念[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ、一時200ドル超安 新型肺炎や中国株安で
  4. 4位: 日本電産、永守氏「大底を打った」5四半期ぶり営業増益 10~…[有料会員限定]
  5. 5位: 「脱プラ」世界で広がり 逆境の合成樹脂、再利用に解[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,589,029億円
  • 東証2部 78,465億円
  • ジャスダック 102,328億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.31倍16.20倍
株式益回り6.53%6.16%
配当利回り1.86% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,795.44 -235.91
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,750 -270

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

新型肺炎 武漢で交通機関停止[映像あり]

全日空 新型肺炎で武漢便欠航

1月23日(木)13:00

トップに聞く[映像あり]

パーク24 西川 光一社長

1月23日(木)09:50

[PR]

スクランブル

フォローする

景気底入れの波、一番乗りは日本株か
証券部 竹内弘文

2019/12/10 17:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株相場に力強さが戻りつつある。世界の景気や生産活動が底入れに向かうとすれば、その波に一番乗りするのは収益構造を変革してきた日本株との見方がある。米中摩擦などリスクオフ要因は常に漂うが、日本株の成長シナリオに着目した買いが入り、高値を試す相場を支えている。

10日の日経平均株価は20円(0.1%)安と反落したものの粘り腰をみせた。前日の米ダウ工業株30種平均の0.4%安と比べても下げは軽微で、…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム