近づく関税第4弾 米中「合意間近」で膠着

2019/12/10 18:00
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】米中貿易交渉は膠着状態が続き、15日の関税第4弾の発動期限が近づいている。トランプ米大統領は「最終局面だ」と繰り返すが「第1段階の合意」は当初予定した11月中旬から大きく遅れている。米国側は農産物貿易の数値目標などを要求する一方、中国は制裁関税の大幅撤廃を求め条件闘争が終わっていないとみられる。

ブルームバーグ通信によると、パーデュー米農務長官は9日、対中関税第4弾に関し…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]