ウクライナ東部紛争 解けぬ対立、和平実現遠く
4カ国首脳会談で停戦合意

2019/12/10 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=石川陽平】ウクライナ東部で政府軍と親ロシア派武装勢力が戦闘を続ける紛争は、仲介役のドイツ、フランスを交えた9日の4カ国首脳会談で和平に向け一定の前進を見せた。ただ、年内に全域で完全に停戦するとの合意の実効性は不透明で、親ロシア派の占領地域での選挙実施の条件など対立点は解けぬままだ。和平実現への課題は山積し、欧州の安全保障を揺るがす紛争解決へ道のりは遠い。

「プロセスは正しい方向に進んでい…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]