真岡信組、事業承継支援で業務提携 サクシードと

関東
2019/12/10 18:35
保存
共有
印刷
その他

真岡信用組合(栃木県真岡市)は10日、経営コンサルティングのサクシード(宇都宮市)と事業承継支援で業務提携した。後継者不足に悩む取引先に対し、サクシードが持つM&A(合併・買収)仲介や後継者の育成といったサービスを提供する。真岡信組は研修などを通じてサクシードのノウハウを吸収、職員のスキル向上にもつなげる。

業務提携を結んだ真岡信組の塚田義孝理事長(左)とサクシードの水沼啓幸社長

サクシードは2010年の創業以来、県内の中小企業の事業承継支援や経営計画の策定、人材育成などを手がけてきた。真岡信組は同社の助言を得ることで、創業希望者や買い手企業の紹介、M&Aのサポートなど幅広く取引先の事業承継を支援できる。

同日会見した真岡信組の塚田義孝理事長は「地域をよく知っているサクシードの力を借り、事業承継問題の解決の一助としたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]