/

この記事は会員限定です

企業が選ぶ弁護士 中村氏8連覇、データ関連は影島氏

労務は木下氏、ガバナンス立て直しや働き方改革に助言ニーズ

[有料会員限定]

日本経済新聞社は第15回「企業法務・弁護士調査」を実施した。2019年に活躍した弁護士について(1)企業法務総合(2)データ関連(3)労務――の3部門で、企業の法務担当者に聞いたところ、国内外で増大する法務リスクに対応できる体制づくりについて実務に即した助言ができる弁護士を評価する声が多かった。

企業法務総合、首位は8年連続で中村直人氏

企業法務総合部門の1位は中村直人氏だった。首位は8年連続。訴訟にとどまらず企業へのガバナンス(企業統治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン