/

参院、歳費の自主返納額を開示 4カ月で約5千万円

参院は10日、定数増に伴う経費削減策として導入した議員歳費の自主返納額を公表した。2019年8~11月の4カ月間の合計で4928万円が返納された。参院議院運営委員会は毎年6月と12月の2回、返納額を公表することを決めた。議員名や会派名は個人情報のため非公表とした。

18年の改正公職選挙法の成立に伴い参院の定数は6増える。19年7月の参院選で改選定数が3増えた。自民、公明両党などは経費を削減するため歳費法を改正し、1人当たり月7万7千円を目安に歳費を国庫に返納できるようにした。目安に従うと、参院議員245人のうち毎月約160人が返納したことになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン